当ブログにはアフィリエイト広告が含まれます。

子育て 家計・家族

男性が育休を取得して感じたネガティブな側面

こんにちは。私事ですが、先日から育休を取得しています。

我が家はいわゆるダブルワーク世帯で子供が3歳と0歳の二人です。妻はもう仕事に復帰しており、バトンタッチでの育休取得となっています。

今日は育休を取得している状況や感想について述べていきたいと思います。

 

1日のリズム(3月)

  • 6時半 起床
  • 7時  次男起床→(妻授乳)→ (妻出発)
  • 7時半 長男を起こす(これが大変)
  • 7時40   長男朝ごはん
  • 8時  長男着替え→テレビタイム
    次男着替え
    保育園の準備
    洗濯
  • 8時45 出発(ここが最大の難所)→保育園に送迎
  • 9時  送迎の足でそのままスーパーへ
  • 9時半 帰宅→次男にミルク
  • 10時半 次男と手遊び
  • 11時  次男就寝
  • 11時半 昼ごはん→束の間の自由時間
  • 14時半 次男起床→ミルク
  • 15時半 次男抱っこ(運が良ければ寝る。寝たら晩御飯の準備)
  • 17時  長男迎え→晩ご飯準備
  • 18時15 妻帰宅→長男と次男と一緒に風呂
  • 19時  晩御飯
  • 19時半 洗濯機と食洗機、保育園関連の雑務
  • 20時  次男と妻就寝
  • 21時  長男歯磨き→長男と遊びタイム
  • 21時半〜22時 就寝

だいたいこんな感じです。1日があっという間です。

 

育休を取って生活してみた感想

ここから育休の具体的な感想を語っていきたいと思います。

まず育休を取得することで自由な時間は多少できます。(ただし低月齢の場合、赤ちゃんの生活リズムが確立していないので自由時間ができるかは運ゲーです)また、赤ちゃんとの時間は刹那的でなかなか感慨深いものです。

そういう意味で育休取得自体は良い面もあります。

ただ、あくまで私個人の感想ですが、ワンオペ育休は思っていた以上にしんどいものがあります。

育休のネガティブな面はあまり紹介されていないので、今回は育休のネガティブ面を中心に独断と偏見で感想を書いていこうと思います。

 

知られざる育休のデメリット(負の側面)

遠くに行けない、友人と会えなくて滅入ってくる

ワンオペ育休、それは常時赤ちゃんと一心同体です。特に外出している場合、赤ちゃんと1秒たりとも別行動は許されません。

赤ちゃんとの外出は自宅近辺なら軽装で行けますが、遠出となるとオムツやらお尻拭きやら着替えやら大量の荷物が必要になります。

そうなると億劫になってきます。まあ最初の頃は頑張って遠出することもありますが、だんだん面倒になって足が遠のきます。最終的には近所のスーパーが関の山になります。こうなってしまうと、だんだん滅入ってきます。

あと男性の育休の場合、友人に会えない(会いずらい)のもつらいです。
もしかしたら女性であれば同じく育休中の友人とランチという芸当も可能なのかもしれませんが、男性の育休はまだまだ取得する人が少なく友人とランチなどはほぼ無理ゲーです。

そういうわけで、よほど工夫しないと赤ちゃんと日中1対1になり、これが続くとしんどくなってきます。

生活リズムをつかむまで子供の喜怒哀楽に振り回されて疲弊する

突然大声で泣き喚いてお世話したらニコニコして、スヤスヤ寝たと思って布団に降ろしたら実は寝てなくてギャン泣き。

こんな感じで赤ちゃんは喜怒哀楽が激しいです。

まあそれが赤ちゃんという生き物なので我々が適応するしかないのですが、終始こんな感じなので生活リズムをつかむまで疲れがすごいです。

だんだんとわからなくなってくる

育児ノイローゼという言葉があります。

育休をとって育児をしていると最初は調子が良くても、少しずつノイローゼになってきます。あくまで個人的に感じるところですが、やはり1人で育児をしていると全責任が自分に降りかかってくるので、それが段々と息苦しくなってきます。

赤ちゃんを生かすも殺すも自分次第。だから、生活の全てが赤ちゃん中心になります。特に周囲の助けがないとそうなりがちです。

赤ちゃんにはちょっとくらい感謝して欲しいところですが笑、当然赤ちゃんから感謝という言葉はありません。

そしてこれが永遠に続きます。まぁ実際には終わりはあるのですが、すぐに変化しないのでいつまでも続くような感覚になります。

こうなってくると黄色信号です。

僕自身ここから先は経験していないのでわかりませんが、この生活を続けていると育児ノイローゼになるんだろうなと思いました。

 

おわりに

よく育休を取得したと言うと、「育休羨ましいな〜」って言われます。

実際わたしも働いている時そう思ったことはありましたし、実際に育休を取得できて周囲に感謝する気持ちも大きいです。
ただ、物事には光があれば影がある。笑 そう。現実はなかなかしんどいです。

とはいえ、育休にはポジティブな側面もあるので誤解なきようお願いします。

少し深掘りすると、育休をポジティブに感じれるかどうかはその時の心の余裕次第かと思います。心に余裕がない時はネガティブな感情しかでてこないので、育休中で辛そうな方にはぜひ寄り添っていただければと思います。

散々書き散らしましたが私自身育休の取得自体に後悔はないです。(出世街道を外れるリスクは知らん)
ちなみに私の場合は「序盤:楽勝」「中盤:しんどい」「後半:慣れてきた」って感じです。

今日は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

-子育て, 家計・家族
-, , ,

Copyright© 賽は投げられた。 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.