お金で遊ぶ(仮想通貨投資) 定点観測(仮想通貨市況)

2020年9月の仮想通貨ニュースまとめ【仮想通貨の定点観測】

こんにちは。

関東はすっかり涼しくなりました。日も短くなって秋模様です。

今日は今月の仮想通貨ニュースを紹介していきたいと思います。

前月のニュースはこちらから。

(参考記事)2020年8月の仮想通貨ニュースまとめ【仮想通貨の定点観測】

 

今月のニュース

個人的に心が動いたニュースを何本か取り上げたいと思います。

仮想通貨市場で600億円相当のトークン配布、時価1億円超の受け取り約30人に

今月一番の衝撃ニュースはこれです。

Uniswapが過去のUniswap利用者や貢献者に対してエアドロップを発表。

ものすごい大金が降ってきたため、お祭り騒ぎになりました。界隈ではUNI祭りと言われています。

Uniswapを利用したことのある全てのユーザーに一律、400UNIが付与された。400UNIは当時1600ドルに及ぶため、米政府が新型コロナの景気刺激策としてすべての国民に付与した1200ドルの給付金と比較するユーザーもSNSでは散見された。

エアドロップで約16万円ほど得られたそうです!

幸運なことに僕もおこぼれに預かることができました。ありがとうUNI!

KuCoinハッキングで1.5万ドル被害

次の衝撃ニュースはこれです。

KuCoinがハッキング被害

まだ明らかになっていない情報も多いですが、被害額は150万ドル(約160億円)だそうで被害額は全額補償されるそうです。

ハッカーの資金を凍結するため、各国の取引所が協力して犯人のアドレスの凍結などを行っているみたいです。

KuCoin、ぜひ被害から立ち直って欲しいです。

 

モナコインが半減期を迎える!

3つ目のニュースはこれです。

モナコインが9/9に半減期を迎えました

今後はマイニング報酬が25MONAから12.5MONAに減少するそうです。

モナコイナーの間ではかなり話題になっていましたね。

ビットゼニーマキシマリスト(自称)の自分にとって、やはりモナコインは国産コインのなかでも1番の親分というか、特別なコインです。
モナコインにはビットゼニーも平素よりお世話になっています。(最敬礼)

半減期おめでとうございます!!

 

NY裁判所、テザー社へ財務記録提出を命令

4つめは少し暗いニュースです。

NY司法当局と長いこと争っているTether社ですが、このたびNY裁判所によって財務記録提出を命令されました

背景にあるのはこの顧客資産消失問題です。

Tether社は以前から噂が絶えない会社です。
暗号資産のイメージ向上のためにも暗号資産の透明性確保は非常に重要な問題です。

個人的にはNY司法当局を応援しています。

 

EUがデジタル通貨規制案を発表


次はEUのニュース。EU域内では暗号資産に対して強い規制が敷かれる模様です。

  • デジタル通貨の発行拠点をEU域内に置くこと
  • 発行前に当局から承認を得ること
  • 欧州銀行監督局の監督下に入ること

条項を見た限りだとかなり厳しい規制になりそうです。

EUでは2018年にGDPRという強力なデータ規制法を施行しましたが、同じ流れになりそうですね。

おまけ|実はDeFiも中央集権??

最後にDeFi関連のニュースです。DeFi有力の15サービス中12に何らかの管理者キーがあるようです

管理者キーは中央集権的なサービスであればまったく問題になりませんが、DeFiは自律分散型志向なので問題となりえます。つまり、管理者キーが存在することは完全な自律分散型に踏み切れないことを意味します。

記事によると管理者キーがないのはInstaDapp、MakerDAO、Uniswapの3つです

残りのAaveやCompound、Yearn FinanceなどといったDeFIサービスには管理者キーがあるそうです。

まだまだDeFiは発展途上なので、管理者キーが存在するからと言って評価を下げる必要はないと思います。

ただし、DeFiである以上、透明性の確保には留意していただきたいですね。

今後の動向に注目したいです。

 

おわりに

以上、仮想通貨ニュースでした。

今月も終わってみればあっという間ですが、怒涛の1ヶ月でした。

少しでも参考になる情報があれば幸いです。ではまた来月。

-お金で遊ぶ(仮想通貨投資), 定点観測(仮想通貨市況)
-, ,

Copyright© だいずきゃすと , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.