レビュー(評価○) 書籍/映画レビュー

【おすすめマンガ】フラジャイルがめっちゃ面白い件

2018-08-23

どうもー。

今日は最近ハマっている漫画を紹介したいと思います。

それがフラジャイル

性格も口も人相も悪い病理医岸京一郎と新米病理医宮崎が活躍する漫画です!

自分もまだ読んでいる途中(5巻くらい)ですが、めっちゃ面白いので簡単に紹介していきたいと思います。

 

医者と戦う医者??

医療系のマンガというと、Dr.コトーとかコウノドリとかブラックジャックによろしくとか思い浮かびますが、このマンガは少々変わっていて病理医という職業に焦点を当てています。

病理医とは顕微鏡などを用いて病気を特定する医者のことで、診断が正しかったのか検証を行ったり、手術の切除範囲を決定する仕事です。

つまり医療系マンガでよくある手術シーンみたいのがほとんど出てきません。

病理医は現場の医師の診断に異議を申し立てることが仕事です。そのため医者と対立することも多く、医者と戦う医者という構図が斬新です。

また、現場の医者が結構テキトーだったりする場面がうまく描かれていて、医療現場の闇を垣間見ることができます。笑

 

岸京一郎がかっこよすぎる

病理医の岸京一郎は口も悪いし、偏屈で人としては割と最低な人物として描かれています。笑

ただし、それは自分の仕事に誠実であるという裏返しでもあります。

病理医は患者を治す「治療」を行うことはできません。
だからこそ、自分の仕事である「診断」には一切の妥協を許さない。

現実問題なかなか自分を通すことってできないので、自分の仕事に一切の妥協を許さない彼の姿勢から学ぶところは多いと思います。

 

リアルだけど距離感がちょうどよい

このマンガの素晴らしいところはリアル感が追求されていて、現実離れした結果になることがほとんどないところ。

登場した患者が亡くなることもありますし、亡くなった患者の検体などもごく普通に描かれます。

しかしながら、病理医という距離感が絶妙でグロいシーンや読み進めるのが辛くなるシーンが一切ありません。

わたしは医療系のマンガの場合、辛くなって読めなくなることがあるのですが、フラジャイルではつらくて読めないということがないので安心して読み進めることができます。

 

おわりに|ドラマ版もあります。

以上、異色の医療マンガ、フラジャイルを紹介してきました。
現在もまだアフタヌーンで連載中で、12巻ほど出版されているようです。

蛇足ですが、実は「フラジャイル」は2016年にドラマ化されています。
キャストも豪華で長瀬智也武井咲が出演しています。なかなか豪華なキャストですね。

ドラマはまだ観ていませんが、評判よさそうです!
ぜひお時間があるときに大人買いして見てみようかな。

は今日は以上です。

-レビュー(評価○), 書籍/映画レビュー

Copyright© だいずきゃすと , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.